福岡県春日市の歯医者|とくだ歯科医院 総合歯科診療・インプラント・ホワイトニング・セラミック治療|マイクロスコープ・拡大鏡を使用して治療を行なっています。

とくだ歯科医院

メール相談 オンライン予約 ご予約はお電話でも承ります ☎092-588-5839
とくだ歯科医院

痛みに敏感なお口。ストレスの少ない安心安全な治療のために ― 麻酔について ―

歯科治療というと、昔から「痛い」「怖い」というイメージが伴いがちです。
しかし現在では、歯を削る機器などが進化しているおかげで、治療の痛みや刺激がグッと軽減しています。

また、お口のなかは刺激に対してとても敏感です。
体のなかでも特に多くの神経が集まる敏感な場所で、髪の毛1本はおろか、毛糸の細かい繊維があるだけで気になって仕方がないほど繊細です。

口の周りを通る三叉神経は、脳から出る神経のなかで一番太い神経です。口という狭い範囲に、この太い神経から枝分かれした神経がビッシリと分布しています。しかも脳に近いので、小さな刺激もビーンと強く響きます。

こうしたことから、麻酔をする際のチクッとする痛みも、麻酔ジェルを塗るという細やかな対応で、極力患者さんにストレスを与えないよう痛くない・怖くない治療を心がけています。

麻酔の種類

表面麻酔(浸潤麻酔・伝達麻酔の前や、歯周病治療などで使用します。)

局所麻酔の一種で、歯茎に塗り、その表面を麻痺させて痛みを消します。 歯の痛みを消すことはできませんが、注射のチクッとする痛みを消すことができ、また麻酔薬を注入したときのズーンとする鈍い痛みや違和感をやわらげます。麻酔薬が唾液で流れないように、口のなかにガーゼやロールコットンを入れてブロックし、乾かした歯茎に塗った麻酔薬が垂れないように数分待つと効いてきます。

歯茎の奥に隠れた歯石を取るときや、抜けかかた乳歯を抜くときなど、「注射をするほどではないけれどちょっと痛い」というときにもピッタリの麻酔法です。

表面麻酔


浸潤麻酔(むし歯・歯周病の治療や抜歯などで使用します。)

いわゆる「歯医者さんの麻酔」です。局所麻酔の一種で、麻痺させたい箇所に近い歯茎から麻酔薬を注入します。歯科医院でいちばん多く使われている麻酔法で、むし歯治療や歯周病治療など、さまざまな治療に使用します。

注入した麻酔薬が歯を支えている骨(歯槽骨)にしみ通り、歯の神経に届いて効き目を発揮します。歯槽骨の表面は皮質骨といって硬いのですが、その内部は海面骨と呼ばれる粗い軽石のような骨になっています。注射して数分すると麻酔薬はここをしみ通って歯の神経へと到達し、2〜3歯の範囲に効いてきます。

浸潤麻酔


伝達麻酔(親知らずの抜歯などで使用します。)

伝達麻酔は、枝分かれした小さな神経に効かせる局所的な麻酔ではなく、口の奥の方を通る三叉神経の支流の太い神経の手元の近くに麻酔注射を打つというものです。この太い神経から枝分かれしている細かい神経の末端まで広範囲に効きます。

この麻酔は2時間ほどしっかり効果が続くので、親知らずの抜歯に使用することがあります。また、一度に広範囲の処置をする場合や、浸潤麻酔では効かない場合も使用します。

伝達麻酔


麻酔の注意事項

  • 高血圧、心臓病、動脈硬化などの持病のある方や、以前治療で気分が悪くなったことがある方は、問診時に必ずお伝え下さい。
  • 麻酔後は唇がしびれて、感覚が無くなっています。その間に、唇を噛んだり、こすったり、引っかいたりしないようにご注意下さい。
  • 熱いものを食べたり飲んだりした場合、知らない間に大やけどをするということも考えられます。治療後一時間くらいは、食事を避け、麻酔がきれて感覚が戻るのをお待ちください。
  • お子様の場合は、特に親御様が気を配ってください。いたずらで口腔内を噛んで、腫れあがってしまうこともございます。
  • 口から何かをこぼしたり、唇が腫れあがっているという錯覚を感じたりする場合がございます。鏡でご確認ください。

こわくない治療のために
― 5倍速エンジンのハンドピース ―

5倍速コントラ歯医者さんで耳にする「キーン」という音によって、怖い・痛いイメージを抱かれている方も少なくないと思います。 確かに、決して心地よい音ではないのですが、歯の治療を行うためには「削ること」が不可欠な場合が多いもの。

当院では、そのような治療に使用する器械の『音』にも配慮しています。

歯科医院特有の高周波を発生させる「キーン」と音がする“タービン”はほとんど使用することはなく、『5倍速コントラ』という歯を削る器械を使用しております。

『5倍速コントラ』をタービンと比較しての優位性

  • タービン特有の音が発生しないため、患者さんには余分なストレスがありません。
  • 低速回転でも十分な削る能力があり、またブレがないためにより精度の高い切削ができます。
  • ブレがないため、歯根破折の予防や、金属を除去する際の無駄な歯質の削除の予防ができます。
  • 回転を止めた際にハンドピース内への水の戻りがないために衛生的です。

音楽を流したり、アロマの効果などを利用また、機器の音だけでなく、治療中にリラックスできるような音楽を流したり、アロマの効果などを利用して、治療への不安を軽減できるような工夫もしています。


できるだけ削らない治療のために
― う蝕検知液について ―

う蝕検知液むし歯の治療を行う上で一番大切なことは、細菌に感染した歯質を完全に除去することです。 むし歯を取り残すと、二次カリエス(カリエス=むし歯)発生のリスクがあります。 しかしながら、むし歯をどこまで削るのかは目に見えないので、通常はむし歯の硬さを頼りに、軟らかくなった部分を臨床感覚・手応えで削らなければなりません。

そこで当院では、う蝕検知液を使用してむし歯の治療を行っています。 う蝕検知液を使用すると、細菌に感染した取り除くべき部分が赤く染まるので、むし歯の取り残しを防ぐことができます。 また、どこまでむし歯を削ればよいかの目安になるので、削る量を最小限に抑えることができ、「MI治療」につながります。

う蝕検知液を使用するメリット

  1. どこまでむし歯を削れば良いのかの参考になる。(削りすぎを防ぐことができる。)
  2. むし歯の取り残しを防ぐことができる。

このう蝕検知液の色素(アシッドレッド)は食品にも食紅として用いられており、安全性に問題はありません。乳歯や、幼若永久歯に対しても使用できます。

MI治療

  • アクセス・地図
  • メール相談
  • オンライン予約
_
診療カレンダー