福岡県春日市の歯医者|とくだ歯科医院 総合歯科診療・インプラント・ホワイトニング・セラミック治療|マイクロスコープ・拡大鏡を使用して治療を行なっています。

とくだ歯科医院

メール相談 オンライン予約 ご予約はお電話でも承ります ☎092-588-5839
とくだ歯科医院

審美治療

治療が必要なお口の中の状態は異なるので、その方のお口の症状や、ご希望される治療結果に合う材料、術式を選択しなければなりません。 治療に使用する素材(レジン、セラミック、金属など)によって、治療回数や治療時間、術式、治療費用などが異なります。 当院では、お一人お一人の口腔内全体の状況を把握し、総合的なアドバイスができるようカウンセリング・コンサルテーションを行っております。

ここでは、当院で取り扱いをしている詰め物、被せ物の材質についてご紹介いたします。

ジルコニア

ジルコニアは、人工ダイアモンドとも言われる強さと美しさを持つ素材です。日本国内においては2005年に認可がおり、金属材料に代わるものとして注目されるようになりました。金属のような強さを持ち、腐食することがなく人体にも優しい生体親和性の高い材料で、金属を使わないメタルフリー治療として広く普及しています。

 

ジルコニアのメリット

 

フルジルコニア(インレー、クラウン)

フルジルコニア(インレー、クラウン)コンピューター(CAD/CAM)でジルコニアブロックを削り出すため、精度が安定しています。強くて丈夫な素材なので、歯ぎしりなどのある方でも破折の心配が軽減されます。 奥歯の場合は問題ありませんが、ご自身の歯の色味と透明感が異なるためセラミックに比べると審美性が劣り、前歯の治療には向きません。 インレー(詰め物)としては、噛み合わせが強くてセラミックのインレーが割れたことがある方や、白いインレーにしたい、なるべく歯を削りたくない方にオススメの素材です。


ジルコニアセラミック『LAVA』(クラウン)

ジルコニアセラミック『LAVA』(クラウン)ジルコニアの表面にセラミックを焼き付けたものです。 フルジルコニアの場合、シェード展開が限られていますが、LAVAは色を自由に調整ができ、焼き付けを行うセラミックには透明感があるので、ご自身の歯との不自然さがなくなります。 強度と審美を兼ね備えた素材で、どの歯にもオススメの万能な素材です。


オールセラミック

オールセラミックは、その名の通り全てセラミック(陶器)でできています。
金属が一切使われておらず、光を透過して天然歯のような透明感があります。見た目が重要視される前歯の治療に適しています。歯ぎしりのある方や、咬み合わせの状態などによっては、利用できない場合があります。

 

オールセラミックのメリット

 

e.maxレイヤリング(クラウン)

e.maxレイヤリング(クラウン)e.maxは、高い強度と均一性を持ったニケイ酸リチウムを主原料としたセラミックでできているので、とても透明感が高く色調もきれいです。本来の天然歯と同じか、それ以上の色調・形態を再現します。
レイヤリングは、e.maxプレスで形成したコーピング(土台)にe.maxセラム(陶材)を築成するので、周りの歯と色合いを合わせることができます。 また、ジルコニアは天然歯よりはるかに高い強度を持っていますが、e.maxは高強度でありながら天然歯に近い磨耗性を持っているため対合する歯が天然歯でも優しい素材となります。レイヤリングはステイニングと違い、 変色はほとんどありません。


e.maxステイニング(インレー・クラウン)

e.maxステイニング(インレー・クラウン)歯冠すべてをe.maxプレスで形成し、ステイン材で着色します。
一般的な陶材の3~4倍ある強度と正確にフィットする適合の良さから、噛み合わせる力の強い奥歯の詰め物などにも適しています。 ステイニングは、透過性が良いため、メタルコアや変色歯への使用には向いていません。 また、ステイニングした色は経年の変色を避けられません。


PFM

金属の枠組みにセラミックを焼き付けて作る冠です。
強度があるため、噛む力が強い方でもある程度使用可能ですが、経年的に金属が露出して歯肉との境目が黒く見えてくる場合があります。

 

PFMのメリット

 

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、歯の表面のエナメル質を薄く削り、シェル状のセラミック(付け爪のような)を接着する方法です。歯の形や色などの気になる箇所を綺麗に整えることができます。
天然歯を削る量が少ないので、歯へのダメージも最小限であり、ごく自然に仕上がります。
歯と歯のすき間をなくしたい方や、ホワイトニングで満足のいく結果が得られなかった方におすすめです。
薄いシェルを左右や上下に浮かないように、歯の先端のラインが不自然にならないように立体的に作成し、歯とシェルをしっかり結合させるには高い技術が必要になります。咬合に問題がある方など適応しない場合があります。

ファイバーコア

神経をとった歯の中は空洞になるので、被せ物をするためには、補強のための芯(土台)を作る必要があります。その土台になるのが「コア」です。コアには、メタル(金属)コアとファイバーコアがあります。
従来のメタルコアは、光を透過させないので審美性が劣り、固く、力を分散することができず歯根に力が集中し、歯根破折のリスクの可能性があります。
ファイバーコアは、グラスファイバーを主とし、高強度のマトリックスレジンを重合させた土台です。オールセラミッククラウンの色調に影響を与えにくく、より天然歯に近い色調再現が可能になります。強度面でも弾力性があり象牙質に近似しているので、メタルコアに比べ歯への負担を大幅に軽減します。

 

ファイバーコアのメリット

プロビジョナルクラウン

プロビジョナルクラウンとは、最終的な被せ物を装着するまでの間の暫定的なレジンの被せ物、いわゆる仮歯のことです。
当院では、このプロビジョナルクラウンを治療においてとても重要視しています。

プロビジョナルクラウンの役割

  1. 被せ物の形態によって歯肉のラインが変わるので、プロビジョナルクラウンによって歯肉のコントロールをします。(歯肉の回復に合わせて、最終的な被せ物の形を模索するために段階的にプロビジョナルクラウンを作り直すこともあります。)
  2. 噛み合わせた時の力の関わり方を分析、確認します。
  3. 最終的な審美、咬合のトータルバランスを決定する上で必要になってきます。

 

※当院では、自由診療の補綴物に保証期間を設けています。
保証期間は口腔状態などにより異なるのでご相談ください。

  • アクセス・地図
  • メール相談
  • オンライン予約
_
診療カレンダー